.entry-content p { margin:0}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

降り注げ愛のShowew

はまだくんせんがくんかわいいかっこいいしんどい話

WESTとキスマイの掛け持ち。 WEST多め。

いちばさぶろうに恋してきたよ

濱田くんと、濱田くんを包むすべてが、愛おしくてあたたかくて眩しくて。


あたたかい人達に囲まれて、見守られながら応援されながら愛されながら、楽しそうに舞台の上を走り回る三郎がもうめちゃくちゃにかわいくて、抱きしめたくてたまらなくて、頭わしゃわしゃしたくてたまらなくて。


私はそんな客席と、舞台上で楽しそうに幸せそうに役を演じる座組の皆さんに囲まれて、本当に楽しそうにイキイキと舞台上で生きる濱田くんを本当に本当に心から愛しています。


でも、私って本当に一生懸命で愛しい人があまりにも不憫だったり不幸だったりするのが耐えられなくて。ましてや私が「宇宙で一番好き!」とありったけの想いと情熱を注ぐ濱田くん演じる、かわいくて一生懸命で不器用で真面目でとてつもなく愛しい三郎ちゃんが不幸なんて、そんなの耐えられるわけもなく、三郎ちゃんの愛しさと不憫さが一斉に見られると、なんだか胸が苦しくて、めそめそ泣いてたりしたのです。

 

だから正直、割とずっと苦しくて。
だって愛しくないところも不憫じゃないところも見つけられない。

 

留学に行ったきり5年間音信不通の恋人を一途に思い続ける三郎ちゃん愛しくてたまらないけど、

 

普通に考えて、空港で行こうとしては戻り行こうとしては戻りを繰り返し、何度も抱き合い、「浮気したらぶっころすぞいっ!」って言って別れた大好きな恋人と一切連絡取れないって悲しすぎる。それでも尚、一切連絡取れない恋人を思い続けてるの、切ないにも程がある。

 

はたまたミーアキャットにレッサーパンダに朝食バイキング。

 

「ミーアキャットもレッサーパンダも見たことがなくて」とわくわくしながらミニ動物園目指す三郎ちゃんも、朝食バイキングで「食べ放題?!?」ってびっくり感激する三郎ちゃんも、めちゃくちゃかわいくてめちゃくちゃ愛しいのだけれど、

 

その反面、あの歳までレッサーパンダやミーアキャットを見せてあげられなかったことも、バイキングというものを教えてあげられなかったことも、悲しいっていうかなんというか、何とも居た堪れない気持ちになるのです。


でも、三郎への愛しさと不憫さが同時に見られるとなんだか複雑というか上手に笑えないというか、そんな私をよそに三郎は、

 

「おてんとさんも笑ってらあ!」と笑い、
"Oh Happy Day"とのびやかな声で歌うのです。

 

私、濱田くんの"Oh Happy Day"という歌声が聴こえた瞬間ぶわっっと涙が溢れて。もうそれからずっと泣いてて。

 

今までめそめそ泣いてた理由とは全く違って、
三郎が、座組の皆さんが、客席のみんなが、ものすごい多幸感に包まれるのを感じたというか。私自身ももうめちゃくちゃ幸せで。

 

ラストの曲で 幸せすぎて号泣させてくれる舞台なんて、そんなのそんなの愛おしすぎる。大好きすぎる。市場三郎愛してる。

 

あの日会場にいた人全員が、絶対的に100%幸せで、市場三郎を愛してて、
もしかしたらその日は会場にいなかった人も家で時計見ながら「そろそろ終わる時間かなあ♡」なんて幸せな気持ちになってたかもしれなくて、
市場三郎を直接見る事はできなかった人も、「今日も濱ちゃん頑張ってるんだから私もレポを楽しみに頑張ろう♡」なんて辛い日々を乗り越えることができたかもしれなくて、


そんな、幸せの相乗効果発生しまくりな、
幸せ×1836じゃ足りないくらいの幸せを届けてくれた市場三郎が私は本当に本当に大好きです。


またいつか、市場三郎に会えますように♡

私をグアムに連れてってね♡

 f:id:mintia2s:20160720022601j:image

キスマイ、WEST、関西Jr.推し。